敷金が必要ない賃貸がある

賃貸の状態を見ておこう

古い賃貸が多い

物件の状態を確認するために、見学しに行ってください。
実物を見れば、希望通りなのか正しい判断ができます。
最初は写真やそこについている説明を読むと思いますが、それだけではわかりません。
イメージ通りの賃貸を選択するためには、見学が必須です。
敷金が必要ない賃貸は、古いところが多いです。

見た目が気にならない人は良いかもしれませんが、綺麗な賃貸で暮らしたいと考えている人にとっては、気になる部分でしょう。
賃貸の状態を確認して、満足できたら契約を進めてください。
見学に行く際は、不動産会社のスタッフと一緒に行くのがおすすめです。
スタッフは詳しい知識を持っているので、どこに注意してチェックすれば良いのか教えてくれます。

エレベーターがない賃貸

敷金がゼロの賃貸は古いので、エレベーターが備わっていないことが多いです。
自分がどこの階で暮らすのかも。判断する基準になります。
1階や2階で暮らす場合は、エレベーターが必要ないでしょう。
ですがもっと高い階で暮らす場合は、階段だけで移動するのは大変です。
疲れて帰ってくることもあるでしょうし、重い荷物を持っている時だってあります。
そんな時はやっぱり、エレベーターがないと不便です。

エレベーターが備わっていない賃貸で暮らす際は、低い階を選択できるかまずは聞いてください。
部屋が空いていれば、1階や2階で暮らすのがおすすめです。
空いていないと言われたら、自分の体力を考慮して決めてください。
体力に自信がない人は、残念ですが諦めましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る