敷金が必要ない賃貸がある

相場より高くなる場合がある

最初に確認するべきこと

敷金がゼロの賃貸は、賃料が高いところが多いと言われています。
よく調べないで賃貸を契約すると、予想以上の賃料を請求されてビックリするかもしれません。
予算を越える賃料のところは、滞納する危険性があります。
すると、もうそこで暮せません。
他の条件が良い賃貸でも、賃料が高かったら避けてください。

賃料は、賃貸を決める上で最も銃重要な部分です。
最初に確認しておいてください。
スムーズに賃貸を決めるためには、どのくらいの賃料までなら支払えるのか考えましょう。
自分の収入を考慮すれば、賃料の目安が決まると思います。
賃貸の条件を決めてから探してください。
適当に賃貸を見ても、良いところは見つからないので効率が悪いです。

たくさんの賃貸を調べよう

前もっていくつか気になる賃貸をピックアップして、賃料を比較してください。
すると、最も賃料が安い賃貸が早く見つかります。
ネットでも、賃貸の情報を調べることができます。
不動産会社に行く時間を確保できない人は、空いている時間を利用して賃貸を探してください。
不動産会社を利用して賃貸を探す場合は、希望の賃料を伝えましょう。

あまりお金がないことを言うのは恥ずかしいかもしれませんが、隠していると希望とは全く異なる賃貸を紹介されてしまいます。
賃料が安いところ、敷金が必要ないという条件は先に伝えておきましょう。
不動産会社はたくさんの情報を持っているので、希望の条件に一致する賃貸をいくつか紹介してくれるはずです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る